日産の新型エクストレイル2007年にモデルチェンジしたエクストレイルのエアロパーツも紹介

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by nissanxtrail at --/--/-- --:-- | Top▲

エクストレイルのクリーンディゼルとは?


世界で初めてポスト新長期規制に適合したエクストレイル20GTが、2008年9月から日本で販売を開始した。すでに欧州に投入されている「ユーロ4」準拠のものにDPF(粒子状物質減少装置)が新たに追加され、日本国内のポスト新長期規制にも前倒しで対応している。

ルノーと共同開発したM9R型エンジンは、噴射圧1600バールのピエゾインジェクターを持つコモンレール式直噴ターボディーゼルエンジンで、173PS の高出力に加え、V6 3.5Lガソリンエンジンなみの36.7kg·m という高トルクを、それぞれわずか 3,750 rpm と 2,000 rpm で発揮し、なおかつ低燃費をも実現した、エクストレイルシリーズ最高のハイパフォーマンスエンジンとなった。
続きを読む
スポンサーサイト
Posted by nissanxtrail at 2009/08/07 17:45 | Top▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。