日産の新型エクストレイル2007年にモデルチェンジしたエクストレイルのエアロパーツも紹介

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by nissanxtrail at --/--/-- --:-- | Top▲

初代エクストレイルT30型





初代エクストレイルの日本仕様は2000ccガソリン車(QR20DEエンジン搭載の自然吸気と、SR20VETエンジン搭載のターボ)だけだが、ヨーロッパではディーゼル車も設定されていた。4WDシステムは「オールモード4X4」。2000年9月、パリサロンにコンセプトカー「X-TRAIL」を出展し、10月に日本でT30型を発表し、11月に販売を開始した。

エンジンルームに横置きされるエンジンは、直列4気筒DOHCのQR20DE型およびSR20VET型の2機種。センターメーター、樹脂製フロントフェンダーなどを装備。オーテックジャパンによる、専用バンパー、丸型ヘッドランプなどを装備する特別仕様車「style-AX」を発売する。2001年2月、SR20VET型搭載車「GT」発売。10月、「St」「Xt」およびオーテックジャパンによる、専用バンパー・内装仕様を装備する特別仕様車「ライダー」を追加するなど積極的な特別仕様車展開などで人気を集めた
スポンサーサイト
Posted by nissanxtrail at 2009/05/05 13:37 | Top▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。