日産の新型エクストレイル2007年にモデルチェンジしたエクストレイルのエアロパーツも紹介

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by nissanxtrail at --/--/-- --:-- | Top▲

2代目エクストレイルT31型



2代目エクストレイルは日産・Cプラットフォームを使用。 エンジンは2000ccのMR20DEと2500ccのQR25DEが設定され、4WDの20Xにはシリーズ唯一となる6MTの設定がある。同時に、20Sをベースとしたオーテック扱いのアクシスもラインナップされている。

アクシスには専用色としてシャンパンゴールドも設定される。なお、ターボ車は平成17年排出ガス規制に適合しないため今回のFMCを機に廃止された。2008年9月にはルノーと共同開発した2000ccのターボディーゼルが追加された。
4WD仕様のメカニズムが「オールモード4X4-i」に進化した一方、初代はメーター類がセンターメーターだったが2代目はごく一般的な運転席前に移動した。初代モデルのデザインが好評だったためキープコンセプトでのモデルチェンジとなった。エクストレイルの売りである「ポップアップステアリング」(CVT仕様車のみ)や「フル防水インテリア」「ハイパールーフレール」は使い勝手を向上させた上で二代目であるT31でも継承され、今後も人気が集まりそうだ
スポンサーサイト
Posted by nissanxtrail at 2009/05/05 13:38 | Top▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。